EVENT & BLOGイベント&ブログ

2021年3月16日

3/16 西淀川区姫島の新築工事 上棟です!(^^)!

引き続き現場報告を(^_-)-☆

月一本化から脱出でき

ちょっと、ホッとしている冷や汗 (顔)

大阪 兵庫 注文住宅 パッシブZEH住宅 耐震等級3+制震工法が標準工法の 大庭工務店 大庭健二です。

本日、かねてより基礎工事を行っていた

西淀川区姫島にて上棟作業が開始されました!!

 

 

 

 

大通りの交差点でもあるので

車や人の通りも多いです。

なので、大型重機レッカー車は使わずに

人間レッカーとして大工さんが自らの手で

大きな材料を担ぎ上げ

組み上げていってくれました!(^^)!

弊社の大工さんは

みんな若くて力持ちで丁寧

その上、心が優しい

素晴らしい方たちが集まっておりますウィンク

そんな人たちの手作業による上棟工事

なんか凄いエネルギーが注入されそうです。

そんな、忙しい上棟工事ではありますが

細かなところも、きっちりと施してくれております。

 

 

この黒いテープは気密テープといって

1ミリ程度の厚みのあるテープ

このホゾ穴と言われる長方形に掘った穴に

ホゾの付いた柱が差し込まれ

梁の上に柱が立ちます(^^♪

すごく普通のことですが

弊社のこだわりはこの時点から

始まっています。

先述した気密テープがここで発揮されます。

梁と柱がきっちりと組み合わされても

ほんの少しのスキマが空いてしまいます。

そのスキマをこの気密テープの1ミリの厚みが

柱にかかる荷重によって潰れ

スキマのない家を作ります!(^^)!

 

 

この幅の広いテープも気密テープ

梁と柱をつなぐボルトの貫通穴からくる

スキマを塞いでおります。

そして、その横にある

シュークリームのようなもの満月

決して大工さんの休憩時の

おやつの置き忘れではありません(笑)

こちらは現場発泡断熱ウレタンフォーム

接合に使っているボルトの熱橋

(熱を渡す橋の意味でねっきょうと言います。)

つまり、今の時期でしたら

まだまだ、朝晩冷えますが考えてる顔

外の冷たい温度が鉄で出来ているボルトを冷やし

室内にその冷えが伝わってくる

と、いうことになります。

その熱橋を防ぐために

現場発泡断熱ウレタンフォームで

ボルトを包み、冷えの伝わりを抑えております!(^^)!

ご興味のある方は現場を通りかかった際には

そんな所も見てみて下さい。

他にも普通の現場ではありえない

工夫とこだわりがいっぱいです指でOK

優しい大工さんなので

気になったところがあれば

ご質問してください。

優しく答えてくれますよ(^_-)-☆

 

ご近所のみなさま

何かとご迷惑をおかけしますが

何卒、よろしくお願い申し上げますm(__)m

 

大阪 兵庫 注文住宅 パッシブZEH住宅 耐震等級3+制震工法が標準工法の 大庭工務店 大庭健二でした

お問い合わせ
お問い合わせ