SDGsへの取り組み

おおばこうむてんはSDGs(Sustainable Development Goals )持続可能な開発目標に取り組んでいます。

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

 

おおばこうむてんのSDGsの取り組み

すべての人に健康と福祉を

環境に優しく住みやすく経済的な家を提供し、小さな子供から年配の高齢者までが健康に生活でき、家族が健康で働ける場を造ることで、世帯収入が増え、教育の充実・福祉に寄与することが可能になります。

ジェンダー平等を実現しよう

おおばこうむてんではスタッフ13名のうち8名が女性スタッフです。女性が働きやすい職場として環境を整えています。
仕事と家庭が両立できるように、子育てがしやすく、余暇の時間を楽しめるように。
採用や資格取得、個々の取り組む仕事についても男女間の差別を無くし、共に成長できるように取り組んでいます。

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

住宅の高性能化とパッシブな設計により、暖冷房負荷を減らし省エネルギーに努める。消エネルギー自給率を向上させ低炭素住宅、ZEH+、LCCM住宅の普及に努めています。

働ぎがいも経済成長も

すべてのスタッフと共に常に技術の向上をはかり、働きがいのある仕事の創出と持続可能な経済成長をさせていきます。

住み続けられるまちづくりを

近年、自然災害の規模が大きく被害も甚大なものが増加している。地震や災害に備えられる住宅づくりを推進し、工務店同士の連携を図り、高耐久住宅を建てる事で持続可能なまちづくりのを形成を目指します。

つくる責任つかう責任

低炭素住宅、ZEH+、LCCM住宅の普及や建設に努めることにより、家庭内でのエネルギーの消費量を削減することが可能です。
当社では様々な勉強会を実施し、省エネルギーの取り組みの、普及にも取り組んでいます。
地域と連携し、つくる側・つかう側で相互にエネルギーについて学ぶ努力を続けていきます。

気候変動に具体的な対策を

近年は、気候変動が要因と思われる自然災害での被害が報道されています。夏期における最高気温についても悩みどころです。これに対し当社の対策としてはパッシブによる涼感対策の他、更なる断熱性能の向上、遮熱技術の導入等により室内の居住性向上、能動的な対策として省エネ設備機器の導入による省エネ性・快適性の向上、トータルコストダウンを目指しています。

陸の豊か輪も守ろう

自然環境を守り、未来へ繋ぐためには、森林の破壊と劣化を防ぎ生物種の生息や淡水の水質改善、土壌浸食や土地の劣化低減そして大気中への炭素排出量も抑える事が必要です。
高性能な住空間を提供し、建築のランニングコストを下げることによって、地球環境負荷を低減していきます。

パートナーシップで目標を達成しよう

私たちの活動は、一つの組織だけでは成り立ちません。
家づくりもスタッフ・職人さんとの連携が大切。また、同じ業種の工務店とも共に学び、成長し合っています。家を建てるお施主さまとは特にパートナーとなって想いを共有しあい一生住む家を建て、その後も長くおつきあいをしていきます。

又地域との連携もしっかりと強い結びつきを持っています。
関わる全ての人達とパートナーシップを結び地域を守り、そして活性化できる組織を目指し、魅力あふれる「まち」をつくっていきます。

ページ上部へ戻る