社長ブログ

5/2 念願のパッシブZEH

さぁー本格的なGWです。

明日から6日まで公式的には

お休みとなる

大阪 兵庫 注文住宅 パッシブZEH住宅 耐震等級3+制震工法が標準工法の 大庭工務店 大庭健二です。

しかし、まったく何の予定もない(-_-;)

でも、僕には現場があります。

実は今、川西市の緑豊かな高原で

超パッシブハウスを建築中です!

先日、現場確認へ行ったときに

回りの散策をしてきました。

とっても気持ち良かったので(^^♪

ご紹介します

この緑一色の中にブルーのシートがかかっているのが現場

回りは自然がいっぱいです(^^♪

少し歩くと小川が流れて

小道のわきに咲くお花も

とってもかわいい

高台に上がると

たくさんの畑があり

立派なお野菜を作ってました

のどかで良い感じ

なんか、時間がゆっくり流れているような

気がします(#^^#)

癒されます

街中でずっといてると

こういった場所に憧れます。

ご注文頂いたお客様も現在

大阪市のど真ん中で

マンション暮らし

田舎暮らしに憧れて

建てるのなら自然のメリットを

最大限、活用できるパッシブハウスを建てたい!!

との思いで「パッシブハウス」を「検索」ポチッと

されたところ弊社のHPがヒット

土地探しからお手伝いさせて頂きましたm(__)m

平屋建ての勾配天井のあるお家

もちろんスーパーウォール工法で

断熱・気密はバッチリ

棟梁は亀井大工さん

丁寧で確実な仕事で

お客様にとても喜んで頂いておりますm(__)m

この太陽の恵みをしっかり利用する

太陽光パネルが屋根一面に乗ります

こちらのお家には

そのエネルギーを最大限活用することのできる

V2Hシステムをご採用頂きました。

いつ起きるか分からない

自然災害に伴う停電にも

電気自動車に貯めた電気を

家中で使うことが出来ます。

もちろん、電気だけじゃなく

本来の意味である

パッシブ=受動的

冬は南側の大開口サッシから

太陽の暖かさを受動し

夏は

パッシブのもう一つの意味である=消極的

計算された寸法の屋根の張り出しによる

日射遮蔽

夏の日差しを遮って

暑さを軽減する設計が大切です。

大型屋外スペースには

木部の現し

ここのこだわりは

垂木の軒先を斜めにカット

ちょっと、シャープに仕上げております(^_-)-☆

窓から見える山の木々

最高のロケーション

次の現場確認に行く日が楽しみです(^^♪

長文にお付き合いいただき

ありがとうございました。

また、進捗は随時UPしますね~(^^)/

大阪 兵庫 注文住宅 パッシブZEH住宅 耐震等級3+制震工法が標準工法の 大庭工務店 大庭健二でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る