社長ブログ

4/28 住宅のメンテナンスを長くするには

大阪 兵庫 注文住宅 パッシブZEH住宅 リフォームの 大庭工務店 大庭健二です。

 こんにちは。

明日からはGWですね。

どこかにお出かけの予定あり

ですか?

いいですね~

当社は

明日の29日と

5月3・4・5日の三日間は

連休とさせていただきます。

他は営業しておりますので

お家のことでのご相談があれば

お気軽にお問い合わせくださいね(^.^)

今日は朝から、とっても気持ちのいい

良いお天気でした。

折角のお天気なので

早起きして

愛犬マロンと

淀川の河川敷で

朝ランしてきましたよ~!(^^)!

マロンちゃんも

だんだんと歳を取ってきたのか?

久しぶりのランだからか?

かなりヘトヘト気味でした(^_^;)

いつまでも

元気でいてほしいです(^.^)

先日のブログの続き

現場報告です。

こちらは

大阪市淀川区十三の新築現場

外壁はモルタル塗りの上に

無機質系顔料+天然石配合塗り壁仕上げです。

写真はその下地となる

ラスシート。

ラス網の上に鉄筋を張り巡らせ

とても頑丈な外壁となります。

当社の取組みの一つとして

住宅の高耐久とイージーメンテナンスがあります。

外壁は強い紫外線を浴び

雨風さらされる状況となります。

なので

メンテナンスは必要となりますが

できるだけ

そのサイクルが長く

簡単にでき

また、容易な点検が可能になるように

取組んでおります。

その一つが

この無機質系顔料+天然石配合です。

通常、塗り壁でも

有機系の顔料や

モルタルの上にリシンやボンタイルを吹くと

塗装が劣化し

約10年程度でチョーキングが起き

耐水性が

損なわれてしまいます。

なので

塗り壁がお好みの方には

この無機質系顔料+天然石配合がお勧めです。

そして、

こちらは

大阪市西淀川区竹島の新築現場

内部もかなり仕上がっております。

こちらの外壁は

窯業系サイディング

見て頂いた通り

板のジョイントにコーキングが

ありません。

コーキングは板の塗装より

劣化がかなり早く

7年もすれば

かなりクタクタになってきます。

板の裏に通気層があるので

雨漏れに直結するわけではないのですが

不安感は否めません。

そこで、このノンコーキングサイデイングは

板のジョイント部分を特殊加工し

雨を受け流す構造。

なので

コーキング部分を極端に

減らすことができました\(^o^)/

そして

塗装にはフッ素塗装を使い

その耐久性を

格段に向上させました!(^^)!

新築して10年程度で

足場を組んで

再塗装なんて

気分的にも

費用的にも

イヤですよね(@_@;)

なので

できるだけ

メンテナンスサイクルは長く

家の寿命と言える

耐久性は3世代までを目指して

日々、進化していきます!(^^)!

大阪 兵庫 注文住宅 パッシブZEH住宅 リフォームの 大庭工務店 大庭健二でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る