社長ブログ

4/19 自然の風と光を利用するパッシブハウス

大阪 兵庫 注文住宅 リフォームの 大庭工務店 大庭健二です。

 みなさん こんばんは

今日はとても気持ちのいい

良いお天気でした。

只今、工事中の新社屋&自宅も

段々と完成に近づいております。

もちろん、こだわりもたくさんありますよー\(^o^)/

そのひとつが

パッシブ的要素!

IMG_8931

パッシブハウスの設計思想は

太陽光・太陽熱・そして風といった

自然エネルギーをそのまま利用し

快適な住まいづくりを実現する。

自然の光や風をうまく活用し、

室内を冬あたたかく、夏涼しくするため

電気やガスなどへの依存を減らし

省エネでありながら

快適で健康的な暮らしを造り出します。

言えば、建物そのものが

快適性を生み出します。

この大屋根の上に付いている

ちょこっとした塔屋は

名付けて『風光塔』

文字通り『風』と『光』を造りだす塔なのです。

IMG_8959

この小さな窓には大きな仕掛けがあります。

窓越しに向こうの空が見えています

つまり向こうにも窓が付いているのですが

この窓は内側に倒れて開きます。

窓を開けると

屋根勾配に沿って吹いている自然の風が

こちらの窓から入って向こうの窓へ抜けていきます。

すると室内の空気がその風に引っ張られて

抜けていきます。

するとその引っ張られた空気を補うように

その下の空気が上へ移動します。

そんな繰り返しで

緩やかな空気の流れ『風』を創りだします。

IMG_8934

昨年、建てた『風光塔のある家』で風船の実験をしました。

ヘリウムガスの入った風船のヒモに

紙片(おもり)をくくり

静止した状態になるように調整します。

そして、窓を開けると

ゆっくりと上昇を始め

リビングの天井を越え

風光塔の天井まで昇り

最後には窓から飛び出てしまいました(^_^;)

今度は動画で撮って

お伝えしますね。

(^.^)

それと『光』

IMG_8935

窓からの光が壁や天井に反射しています。

光は反射を繰り返しながら

人の目に届くのですが

天窓のように直接的な光でなく

反射を利用しているので

とても柔らかな光です。

この光を勾配天井や吹抜けを通して

リビングへ導きます。

IMG_8932

壁紙を貼ってなくても

この明るさです(^.^)

日中は自然の光で暮らせます。

もちろん、省エネに繋がってます。

この風光塔は

回りの建物に囲まれた

都会の狭小地にも

大きな力を発揮してくれると思います。

機械や器具にできるだけ頼らず

自然のエネルギーを利用した暮らしに

ご興味のある方は

お問い合わせ頂きましたら

ご案内させていただきますよ(^.^)

 

大阪 兵庫 注文住宅 リフォームの 大庭工務店 大庭健二でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る