社長ブログ

4/1 住は聖職なり

大阪 兵庫 注文住宅 リフォームの 大庭工務店 大庭健二です。

 みなさん こんばんは(^.^)

今日から4月です。

4月といえば入学式に入社式と

始まりの月ですね。

私も心機一転

初心に返り

新しい気持ちで残りの2016年を

やり切りたいと思います!\(^o^)/

そんな思いで

本日は月に一度の社内会議に

臨みました。

今年の初出の日にスタッフそれぞれが

打ち出した自身の今年の目的・目標・戦略・戦術

3ヶ月が過ぎたところで

今の経過はどうなっているのか!?

ブラッシュアップです。

個人情報?なので

写真はありません(^_-)が・・・

みんな大きく進歩しています。

私ももっと頑張らないと(^_^;)

そんな思いで

久しぶりに筆を執りました。

IMG_8659

『住は聖職なり』

今のリクシル、旧トステムの創業者である

潮田健次郎さんが言った言葉です。

『住宅は人が造る最高の商品である。

人は住宅で育ち

住宅で愛を育み

住宅で憩い

住宅で余生をおくる。

住宅は人生最大の買い物であり

最大の財産である。

故に住を聖職とする者は

努力して新知識を学び

技術を学び

誠心誠意仕事を行い

良い家を造ることを喜びとする者で

なければならない。』

ん ———-

いかがでしょうか。

とっても深いイイお言葉でございます<(_ _)>

何度となく

この言葉を目にしていますが

私達、住宅に携わる者にとって

本当にその通りで

世の中にはたくさんの仕事があって

どんな仕事でも

人の役に立って喜ばれる仕事に

変わりはないのだけど

この住宅に関わる仕事は

人の人生に携わることのできる

聖職なんだと実感します。

それだけ

責任が重く圧し掛かっている仕事なだけに

常に努力して

新しい知識を学び

技術を得て

お客様に大満足して頂ける

良い家を造り続けなければいけない。

改めて

ズッシリと来ました。

今、学んでいる一つの

住宅キーワードは

パッシブZEH

IMG_8469

先日の勉強会で学んできました。

昨年から出てきたZEH(ゼッチ)ですが

家の性能を高め、使うエネルギーをできるだけ減らし

できるだけ減らしたエネルギーを太陽光発電で補い

プラスマイナス=ゼロで暮らすことのできる

ゼロエネルギー住宅のこと。

省エネ住宅に関しては

世界の中で大きく遅れを取った日本ですが

2020年には過半数が

そんな家になるように大きく動き出しました。

IMG_8471

そんな住宅を造るには

まずは外皮の性能を高めること。

分かりやすくいうと

住宅の断熱性と気密性を高め

換気による熱ロスを少なくする。

当社の標準仕様が既に

この域にあります。

あとは

太陽光発電を組み合すことで

ゼロエネルギー住宅にすることは可能です。

IMG_8527

IMG_8533

ゼロエネルギー住宅にするには

はじめのコストがかかります。

しかし、家は長く住むもの。

長く暮らすことで

その差を埋めていき

最終的には

お得に暮らすことが出来ます。

IMG_8475

ハウスメーカーはZEHをほぼ標準化してきています。

国が示した方向を

率先して引っ張っていくのは

大きな資本があるハウスメーカーだとしても

日本の家づくりの80%は

私達、地場ビルダーが担っています。

当社も地場ビルダーとして

これからの未来に当たり前になるZEH住宅をご提案できるように

日々勉強して

お伝えできるように頑張ります\(^o^)/

大阪 兵庫 注文住宅 リフォームの 大庭工務店 大庭健二でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る