社長ブログ

4/23 災害に強いV2H

昨日はインプットの一日だった

大阪 兵庫 注文住宅 パッシブZEH住宅 リノベーションの 大庭工務店 大庭健二です。

朝9時からはインテリアに大切な

ファブリックの勉強会

壁紙や床材と同じくらい

存在感のあるカーテンやスクリーン

窓にどんなファブリックをつけるかで

お部屋の雰囲気や印象も

大きく変わってきますよね。

織物メーカーの方、直々に来ていただき

テイストに合う選び方から

採寸方法、取付のポイントまで

しっかりと勉強しました(^^)/

そして

午後からは

京都長岡京にある

三菱電機様にて

これからの住宅の理想像

V2Hの研修です

V2Hってなに?

って声が聞こえてきました(^_-)-☆

V2Hとは

Vehicle to Homeの略

ビークルから家へ

ビークルとは乗り物

乗り物=車

車から家へということ

何が家へかというと

エネルギーが家にいく

車から電気が家へいく

今までは車に電気を充電させて

走っているだけでしたが

このV2Hの仕組みを付けると

車に貯めている電気を

家庭で使うことができます。

それを三浦春馬

「三浦春馬」の画像検索結果

そっくりの男前から

学んできました

一応、言っておきますが

真ん中の彼です(笑)

すこし、学んだことを

アウトプットすると

通常は電力会社からの電気や

太陽光で作った電気で

家庭内の電気をまかないつつ

余った電気は

電気自動車へ充電します。

その電気を使って

もちろん車は走れます!(^^)!

そして

昨年の台風21号が来た時

大阪でも大規模な停電がおきました。

そんな災害が起きたときは

太陽光からの電気が家庭内で使えます

しかし、太陽光はもちろん

雨の日や夜は発電しません。

そんなときは

車から電気を家へ吸い上げ

家庭内で使える。

また、太陽光の電気と合わせて

使うことで

IHヒーターや電子レンジなどの

大消費家電も普通に使えてしまう。

災害が起きても

普段の暮らしができる

そんな安心が得られる住宅がV2H(^^)/

これと

これが

あれば出来ます!(^^)!

電気自動車も

中古で探せば

リーフが40~50万円ほどであります。

しかも超低燃費

ガソリン車の約10倍

燃費が良い

電気自動車が売れている訳ですね

このブログを読んで

少しでも

V2Hを検討しようかな・・・

と思われた方

こちらに

『いいね』

を送ってください(^^)/

全力でサポートさせていただきます。

大阪 兵庫 注文住宅 パッシブZEH住宅 リノベーションの 大庭工務店 大庭健二でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る