社長ブログ

1/21 大阪の狭小地でパッシブデザインの家づくり

大阪 兵庫 注文住宅 パッシブZEH住宅 リフォームの 大庭工務店 大庭健二です。

 みなさん こんにちは。

今年初の勉強会に先日、行ってきました。

その勉強会は

パッシブデザインワークショップ。

IMG_5060

自然エネルギーを上手く利用しながら

健康で快適に暮らせ

光熱費を出来るだけ少なくする

家づくりの設計手法や考え方を学んでいます。

パッシブデザイン協議会

代表理事の野池先生

自らのご講義に

参加者全員熱心に聞き入っていました(^.^)

IMG_5062

面白いシミュレーションソフトが紹介され

家の断熱性能を上げると

冬の室内温度の変化が小さくなると言うことが

目に見えたグラフで表示されます。

IMG_5064

また、暖房している部屋としていない部屋

例えば洗面所やトイレ、玄関などの

温度差も小さくなり

ヒートショックによる事故も少なくなっていきます。

ただ、断熱だけを高めた家は

夏、暑くなるので

夏の日差しを遮る日射遮蔽を

きちんと考えること!!

その結果

夏涼しくて、冬暖かい家ができる。

パッシブデザイン・・・

なかなか奥が深くて

とても面白い家づくりだと思います。

大阪の狭小地では

自然エネルギーをふんだんに取り入れることは

難しかも知れませんが

諦めず、少しでも取り入れて

光熱費が少なくなって

健康で快適に暮らせる

いい家を増やしていきたいと思います!(^^)!

 

大阪 兵庫 注文住宅 パッシブZEH住宅 リフォームの 大庭工務店 大庭健二でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る