社長ブログ

10/1 発見!!

大阪 兵庫 注文住宅 パッシブZEH住宅 リノベーションの 大庭工務店 大庭健二です。

秋の風がとっても気持ちのいい朝です。

こんなお天気には

いつものコース+アルファで

遠くまで行きたくなりますね!

そんないい感じで走っていると

川原に何やら

見慣れない物体が・・・!?

近づいてみると

まるで

大きな魚のような

龍のような彫刻

先日の台風18号で

流されてきたのか?

大きな流木が

打ち上げられていました。(@_@)

その横には

オットセイを思わせる石

淀川の魅力は

無限大です(^.^)

長くなりましたが

本日のテーマは

これからです!!

先日、11/3に開催される

みてアートの打合せがありました。

当社も協賛会社として

イベントに参加させて頂くのですが

その広告ページの取材時に

とっても面白く

納得させられる気づきがありました!!

みてアートの案内パンフレットを作成されている

編集者の方と色々な話の流れで

当社の手書きチラシを

見てもらい

アドバイスをもらおうとしたところ

とっても興味深いお話しを

いただきました(@_@;)

まず、この手書きには熱量がある!!とのこと。

パソコンで書いた文字ではなく

人の手で書いたものには

人の目を引き付ける

熱量が多くある。

(たしかに

手書きのハガキや書道には

引き付けられる何かがあります。)

「手書きハガキ」の画像検索結果

それだけで

広告が持つ責任である

人に見てもらうということが

出来ている。

ただ、多すぎる熱量は

メタボになってしまい

中身が見えにくくなり

あれもこれもとなると

伝えられなくなる(^_^;)

つまりは

何事も

バランスが大事!!

そのお話しの後

なるほどって気づきが降りました!!

無垢の木って

それ自体が熱量を持っていることを

発見!!

なるほど

だから

人は自然の木や無垢のフローリングに

なんとも言えない

心地よさ?

魅力?

カッコよさ?

かわいさ?

に惹かれてしまう。

その色柄じゃなく

その熱量に引かれて

見てしまう。

手に取りたくなる。

そんな感覚。

でも、これも

バランスが大事

多すぎると

お腹いっぱいで

「ログハウス 内装」の画像検索結果

その一つ一つの良さが

見えにくくなってしまう。

そんな感覚で

当社のショールームを見ると

なんとも言えない

絶妙なバランスで

熱量がありました!

自画自賛(^_^;)ですみません。

無垢のフローリング

左官の塗り壁

石やタイル

しっくい

それら自然にあるものに

人の手が掛けられたもの

それらを

私がオススメする理由が

感覚や見た目じゃなく

ハッキリとした

理屈で納得できました。

それは

熱量があるかないか!!

藤工作所の藤原さん。

大変、有難い気づきを

ありがとうございました<(_ _)>

長文にお付き合い頂き

ありがとうございます!!

大阪 兵庫 注文住宅 パッシブZEH住宅 リノベーションの 大庭工務店 大庭健二でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

社長BLOG

STAFF BLOG

オススメのコンテンツ

facebook

メーカーサイト

ページ上部へ戻る